「ほっ」と。キャンペーン

一見さんの福岡にっき 2

絶品の天ぷらとお蕎麦  舞鶴 蕎麦切 はたゑ

名店です。
美味しい天ぷらとお蕎麦が頂きたくなったら、こちらに伺います^^

蕎麦切 はたゑ
d0204301_1459116.jpg

蕎麦屋ならでは、美味しいかえしの効いた卵焼きを頂きながら、
ご店主の天ぷらを揚げる姿を眺めつつ一献。



休日の夜に、旦那と共に訪問です^^
この日は、カウンターも、テーブル席もお座敷も全て満席!
知る人ぞ知る名店は、お客様も絶えませんね。
(場所や店内の詳細は、コチラをどうぞ)



先ずはビールを差しつ差されつ。
お通しの蕎麦味噌、カリっとした蕎麦の実が弾ける瞬間がなかなか良しです。
d0204301_1554932.jpg

d0204301_1563156.jpg




旦那はビールのあとは、すぐに日本酒を。
宮城のお酒、伯楽星(はくらくせい)750円
d0204301_1581457.jpg

旦那は、東北のお酒をみかけると、必ずと言っていいほど注文します。
つられて私も^^
この日は他に、同じく宮城のお酒、栗駒山(800円)、墨逎江(900円)と、
次々と注文していました。



玉子焼き(420円)
d0204301_1513710.jpg

我が家的に、お蕎麦屋さんに行ったら絶対!なマストアイテムです。
深みのある甘さで、日本酒に良く合います。



こちらのお店、お酒のアテが充実していて、
どれも本当に美味しいのですよね~。
今宵は天ざる一本!と思っていても、つい何品かいただいてしまいます^^

昆布締め盛り(多分1800円くらい)
d0204301_15161556.jpg

手前から、
あぶってかも、いさき、鮎、ふぐ。
それぞれ、昆布によって、存分に旨味が引き出されています。
また、葉山葵や塩昆布などと和えられていて、逸品に仕上がっていました。
杯を置く暇がないくらい!困った^^;

特に、このいさきの塩昆布和えと、奥に見える、ふぐの葉山葵和えが、
たまらなく美味でした♪
d0204301_15271236.jpg




こちらのお店の、鮎のうるかも最高♪なのですが、
これ以上アテばかりいただくと、肝心の天ぷらとお蕎麦が入らなくなるので^^;
ここらで泣く泣く断念。

いよいよ『天ざる』です。
雪(2800円)、月(4500円)、花(前日までに要予約、7500円)
の3種類。
私たちは、雪(2800円)をいただきました!



こちらの天ざるは、
天ぷらとおそばが一度に出てくる一般的なものとは違って、
先ずは、揚げたての天ぷらを、一品一品味わうのです。
なのでこのお値段、納得です。

そう、はたゑさんは、
お蕎麦だけでなく、天ぷらでも名店であるのです^^

天つゆに、レモンとお塩。
揚げたてが饗される毎に、どちらが合うかの説明がありますよ。
d0204301_15302665.jpg

海老
d0204301_15311889.jpg

d0204301_1614266.jpg

d0204301_162143.jpg

薄めの衣は柔らかさもあって、尚且つからりと揚がっています。
私の大好物な海老、頭も香ばしく最高。



おくら、幼鮎、きす、
d0204301_162376.jpg

d0204301_1625862.jpg

d0204301_1632512.jpg

おくらに幼鮎、季節を感じますね^^
天ぷらに限らず、ですが、
和食は、本当に季節感があって、素晴らしい食文化ですよね。

きす、『天ぷらの王様』 と私は思っています。
そしてこのきす、王様っぷりがなかなか良かったのです!
美味美味。



泉州なす、帆立、甘長唐辛子
d0204301_1635388.jpg

d0204301_15404473.jpg

d0204301_1540599.jpg

d0204301_1542145.jpg

しゃくしゃくとした歯ざわりの残った、みずみずしい泉州なす。
帆立のレア加減は最高。
甘長唐辛子は、旦那の大好物!



コースは以上だったですが、
単品追加で、穴子。
d0204301_15454249.jpg

衣はからっと、さくさくに揚がっています。
そして中の穴子はふんわり柔らか。
臭みもなく、満点な穴子の天ぷらでした^^



そして、天ぷらを頂き終わってから、
お蕎麦の登場です。
まさしく”あがり蕎麦”ですね。

挽きぐるみ、10割の田舎そば。
d0204301_15482524.jpg

香りもしっかりとあって、
コシ、喉越し共に良し。
うん、美味♪♪♪

蕎麦つゆは、東京モンの私には、多少甘く感じますが、
それでも福岡の多くのお蕎麦屋さんに比べれば、十分キリっと辛口です。

ただ、こちらのお蕎麦、ちょっと短く切られているのですよね。
旦那曰く、手繰れない程短いなぁと^^;
私みたいに、粋に手繰れない者としては、品よく食せてちょうど良いのですが^^

蕎麦湯もしっかり堪能して、
d0204301_15541292.jpg




この日も、大満足!
ご馳走様でした。



蕎麦切 はたゑ
福岡市中央区舞鶴1-3-31 ハイラーク舞鶴1F
092-761-1402
平日 12:00-14:00
    18:00-21:00
土曜 12:00-15:00
    18:00-21:00
日祝休
[PR]
by takechan-kao2 | 2011-07-02 15:55 | にっき
<< VERDURE DECO(ヴェ... あじさい寺 久留米 千光寺 >>