一見さんの福岡にっき 2

ぶどうの記憶  奇跡のワイン会

長~いお盆休みをいただいておりました・・・。
そろそろエンジンかけて、更新しますね^^;

先日、一期一会を体得する機会に恵まれました。
d0204301_16243771.jpg

場所はシュエットにて、
A子さんのご友人でもある、
本場フランスで、そしてこの日本においても、とても著名なソムリエH氏による、
言うなれば、奇跡のワイン会でした。



正直申しまして、
ワイン大好きな私ではありますが、
知識等は皆無な全くのド素人。

A子さんにお話を頂戴した際には、一度はお断りしたものの、
「きっと一生に、この時にしか頂く事ができないかも!」
という言葉に後押しされ、図々しくもちゃっかりエントリーしてしまいました。



冒頭のシャンパン。
キリリっとシャープな飲み口、まさしく辛口!といった面持ち。
d0204301_16344770.jpg

ヴァニラやバターの香りに代表される白。エチケットもとってもオシャレ。
d0204301_1637310.jpg


続いて赤を。
d0204301_16411965.jpg

はじめはまるで青物のお野菜・・・まるでピーマンの様。
後に柔らかく濃厚な香りに変化していきました。
d0204301_164219.jpg

ワインというのは、年代を経ると、どんどんと透明感が増すのですね。
そんな色合いが印象的な一本でした。
d0204301_16471742.jpg

どれも、比類なき1本ではありましたが、
私の中で、一番印象的でしたのはこの一本。
華やかな香りとお味に、思わずほぅーっと麗しい吐息がもれる、そんなお味でした。
d0204301_16482193.jpg

まるでヤングコーンの香り。
シラー種もこれだけの年月を経ると、この様なお味になるのですね。
d0204301_1649412.jpg

最後に登場した1本は、なんと1966年物。
得も言われぬ土臭い香りと、濃厚でいて余韻も長い、忘れえぬお味。
d0204301_16522921.jpg


飲みも飲んだり・・・
d0204301_16533251.jpg

至福の2時間でした。

今回は、ぶどうの記憶を、一つ一つ丹念に掘り起こしていった、そんな興味深いひとときでした。
永の眠りからそっと目覚めを促し、最高の瞬間を逃さず手に入れた、今回の参加者たち。
私たちに、そんな感動の時間を提供してくださったH氏に、心から感謝いたします。
そしてA子さん、貴重な会にお誘いいただき、本当にありがとうございました^^



ワイン会のあとは、有志にて2次会!
場所は、私も大のお気に入りの三鼎
この日も、麻婆豆腐に水煮魚に、刺激たっぷりの四川料理で爽やかな汗をかき、
楽しいお話でさらに盛り上がりました。

重ね重ね、ご馳走さまでした。
[PR]
by takechan-kao2 | 2011-08-22 17:05 | にっき
<< 身体の中からキレイに 大名 ベ... 美味☆ナポリピッツァ発見! P... >>