一見さんの福岡にっき 2

美麗灣葡式餐廳(Praia Grande プライアグランデ)

本日の2レポ目はランチネタ。

某航空会社のCAさんもおススメしていた、こちらのレストランをご紹介!

美麗灣葡式餐廳(Praia Grande プライアグランデ)
d0204301_2435156.jpg




南湾湖沿い、この辺りは割りと高級住宅街になるのかしら?
小じんまりとした一軒家のレストランです。

お食事も美味しいらしいのですが、
もう一つのお目当てはこちら。
d0204301_2475454.jpg

お楽しみは後ほどってことで^^



先ずはお料理^^
こちらのお店、日本語メニューはありませんが、英語メニューはあるので、
オーダーがしやすくて助かります。

食べたい料理がいっぱい!なのですが、
一品一品がボリューミーなようなので。加減して頼みました。

先ずは白♪
d0204301_2504567.jpg

d0204301_25194.jpg

お値段300パタカ(約2900円)、お店で一番高いワインでしたが、
良いお味でしたよ!!
やっぱり、日本でこのお値段で、このクオリティのワインには出会えませんね。
大満足^^

パンもなかなか。
d0204301_2553921.jpg



praia grande tapas(120パタカ  約1200円)
d0204301_2565371.jpg

イカフライや、大好きなバカリャウコロッケ、カレー風味のカニコロッケ、ソーセージ・・・
揚げ物ばかりで辟易するかと思いきや、
どれも丁寧に作られていて、味付けも良くて大満足!
ワインが進みました~。

ただ、量がハンパなく多いです><
お店の方に伺いながら、加減してオーダーしたつもりが、
もう前菜だけでお腹がいっぱい・・・。

こちらのお店、ポルトガル人や、マカニーズ(中国とポルトガルのハーフ)に、
とっても人気のお店だそうですが、みんな結構ガッツリ食べるのかしら。
よく食べる私たちでもびっくりの量です^^;


codfish Cream Sauce(お値段失念、確か100パタカ 980円ほど)
d0204301_363497.jpg

d0204301_371593.jpg

いわゆるバカリャウのグラタン風。

ほぐしたバカリャウ(干し鱈)とマッシュポテトを、クリームソースで和えて
オーブンでこんがり焼いたお料理。

これもウマイ!!

見た目といい、ともすればちょっと地味目なお料理ですが^^;、
たっぷりと入ったバカリャウの旨味(独特のクセもすっごく良いスパイスでした!)、
さらりと滑らかなマッシュポテト。
クリームソースの塩梅も、バカリャウとの調和を考えてあるのでしょうか、
塩気といい濃厚さ加減といい、なんとも素晴らしい名脇役ぶり。
燻し銀の役割を果たしていました!


こういったシンプルなお料理こそ、丁寧な下ごしらえと、
最後まで飽きのこない、きつすぎない味付けが重要ですよね。
お腹の余裕さえあれば、ぜーんぶキレイに食べたかったところです!!!
(やっぱりスゴイ量で、残してしまいました><ごめんなさい。)

うんうん、こちらのお店、侮り難しですよ☆



african chicken (確か、150パタカ位 約1400円ちょっと)
d0204301_3104076.jpg

アフリカンチキン。
ポルトガル料理ではなく、マカオにしかない、真のマカオ料理^^

様々なスパイスが複雑に絡み合い、さらに奥深い味わいへと変化していました。
ピリ辛具合も良し^^
ワイルドな骨付きチキンとよく合います~。

決め手はココナッツ。
こちらのお店は、ココナッツミルクではなくフレークがふんだんに。
シャクシャクとした食感も楽しいですよ、私にはちょっーと甘めだったかな^^;
ですが、
アフリカンチキン好きの私たち、過去の旅でも色々なお店でオーダーしましたが、
こちらのは上位にランクインです♪


お楽しみの、ファド!!
d0204301_3114655.jpg

これこれ♪♪♪これを楽しみにこちらのレストランに訪れました^^

さっきまで、愛想よくサーブしてくれていたお兄さんたちが、
クラッシックギター片手に弾き語り。
実は、言ってもそこまでは期待していなかったのですが、
いい意味で裏切られました!
一見いや”一聞”の価値ありなのですよ!!
素晴らしい演奏でした☆☆☆

哀愁漂うギターの音色、歌声もとても艶っぽく情感もたっぷり。

曲目もですね、妙に私たちに合わせてくれちゃって・・・。
「どっから来たの?」「日本から」
ってお決まりな会話は、実はこの為でもあったのね^^

先ず一曲目が、『コモエスタ赤坂』!!
もう大笑い・・・いや大感動。
日本語も美しく歌い上げていましたよ^^

続いて、『イエスタデイ』『ベサメムーチョ』
日本人ならずとも世界的に有名な名曲を挟みつつ

ポルトガルの民謡を数曲、
そして最後は『サライ』
これは中国本土でも有名な曲ですものね^^



もうほっとけば何曲でも延々と演奏し続けてくれそうな雰囲気でしたが、
そろそろタイパへと移動もしたかったのでね、
この辺でお開きに。
もちろん、こんな時はチップも奮発しました^^
ファドを楽しみに来た甲斐がありました。
素晴らしい演奏おありがとう♪♪♪



にしても・・・
結局ランチは私たち二人の貸切状態。
お料理も美味しくて、ファドも独り占め。
最高ー♪でしたが、なんだか申し訳ないくらい^^;

お値段もちょっと高めだし、他お店も少ないエリアのようなので、
お客様も少ないのかしら。

予約をしてくれたホテルのコンシェルジュ曰く、夜はこのファドを目当てに、
地元のマカニーズたちも集うようで、人気のお店みたいです^^
かえってランチでよかったかも^^ラッキーでした!



お店情報 ← Open Riceより
[PR]
by takechan-kao2 | 2011-09-19 03:12 | にっき
<< Banyan Tree Hot... マカオ待ち歩き3~聖ポール天主... >>